結婚をして損するのは男性かも知れません

ビル

今の世の中、結婚して家庭に入って夫と子供を支える良妻賢母は、本当に少なくなってきています。
専業主婦は、若い女性の間で憧れの存在であって、結婚したら会社を辞めて、家庭に入れる位の経済力ある男性をゲットする事が、若い女性のステータスだと聞いいたこともありますが、実際それと同じ位、バリバリ働いて、仕事も家庭も両方手に入れたい欲張りな女性も多いですし、物価の上昇などで、自分達の満足する生活水準が一気に引き上げられているから、実際にはなかなか仕事を辞める事が出来ないと言った女性も多く見受けられる様です。
そうなると、結婚しても家庭内の事は、全て女性に委ねる事が出来ず、家事も育児分担していかなければならない男性にとっては、あまりメリットが見いだせない環境になっている様な気もしてしまいます。
でも、妻が家の事を何でもやってくれる、いわば家政婦の様な存在であると言う位置づけは、もう時代遅れで、そのうち都市伝説になってしまうのかも知れませんね。

ビル