革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

今は、様々な結婚のカタチがあります

ビル

今は、様々な結婚の形があります。
特に女性にとっては、それがとてもグローバルに多様化されている様に感じます。
結婚して家庭や子育てに専念する人もいれば、自分のキャリアを捨てることなく、並行して、お仕事を頑張る人もいます。
また企業の体制も随分と変化して、そんな女性たちを全面的にバックアップして応援していく企業が随分と増えてきました。
結婚するとこうしなければならないと言う固定概念や強迫観念などは全くなくなってしまった様に感じます。
自分のライフスタイルは、自分の考えに合わせて自由に選択出来るのは、女性にとっては生き方が随分自由に開放された様に感じます。
出産してもそのまま仕事を続けられますし、子供がいる事で子育て中なら時短で働く事が出来ます。
何となく、子どもを産んだら、さっさと辞めてくれないかという空気感もありません。
でも、子供を育てると言う観点からすると、両立する事で幼い内から寂しい環境に置かなければならない事は否めないかも知れません。
そこをどう考えるかと言うのが重要かも知れません。

和装でのフォトウェディングなら大阪の結婚写真館「大フォト」

ビル

最新情報

ほほえむ女性

結婚をして損するのは男性かも知れません

今の世の中、結婚して家庭に入って夫と子供を支える良妻賢母は、本当に少なくなってきています。

葉っぱ

結婚を考え始めた年齢について考えてみました

私はずっと昔から、と言うより若い頃から結婚願望がありました。
中学生の時に流行ったプロフィール

ほほえむ女性

草食男子だからこそなり得る結婚の形

男性の威厳は、とにかく弱い。
昔でも、家庭内の権力は、常に女性であるお母さんが握っていたにもか

髪を掻き上げる女性

親族紹介と記念写真撮影に関して

挙式から披露宴までの間に行われるのが親族紹介です。
かつては、親族紹介をするのは媒酌人の役目で